シロアリ退治で家を守る│安心な業者を選ぼう

作業員

早めに対策を行なう

和室

様々な害虫と呼ばれるものの中でも、深刻な被害を与えるものが、シロアリです。シロアリは、家の木材を食べていくので気がついたら家中をボロボロにしてしまいます。また、木材だけでなくコンクリートも貫通することがあるので、コンクリートだからといって安心することはできません。コンクリートだけでなく、レンガや鉛も被害を受けることもあります。シロアリは主に地中から建物に入ることが多いので、まずは土台の柱や床板などに被害を与えていきます。そこから天井裏まで被害を与えていくことが多いので、シロアリを見つけた場合は、早急に対策を行なっていくことが必要になります。

シロアリを退治するには、専門の業者を利用していくことが大切です。シロアリは、地中に巣があることも多く、自分で退治を行なうことはとても難しいものです。シロアリ退治の専門業者は、シロアリの生態を把握して、確実に対策を行なっていきます。まず、専門の薬剤を床下に撒いていくというものが、バリア工法と呼ばれます。現在、多くのシロアリ退治業者がバリア工法を利用しています。バリア工法は、被害のあった場所や床下に薬剤を注入することでシロアリを死滅させます。薬を塗った所は、シロアリが嫌がるので自然にシロアリがいなくなります。薬剤の効果は5年ほど続くと言われており、5年間はシロアリのいない家にしていくことができます。薬剤を利用するということで、シックハウスや身体へのアレルギー反応を気にする人も多いですが、最近では身体の影響がほとんどない薬剤が利用されています。